長野県損害保険防犯対策協議会 総会に出席しました。

昨年に続き、一般社団法人長野県損害保険代理業協会の会長として、防対協の総会に来賓としてリボンを付けて出席してきました。

損保会社の皆さんが、県警本部・弁護士会・暴追センターの皆さんと反社会勢力に対し、情報交換を密に行うことにより不当な要求等に対し、毅然とした態度で臨む取り組みをされていることを改めて感じました。

我々保険代理店も業界の一翼を担っている責任を感じ、反社会勢力に対しては毅然とした態度で臨んでいきたいと思います。

最近の県内の暴力団情勢については、六代目山口組の分裂により県内の抗争は一触即発状態のようです。長野県内は、80%が山口組系の暴力団とのことで、他県に比べ山口組系が圧倒的に多く全国からも今後の動向が注目されているとのことです。また、組関係者も地元の人間でなく、一般社会で言う転勤族のような構成員が主流になってきているので性質が悪くなっているとのことでした。

クレーマー対策

①非がないのに謝らない

②お茶は出さない・・・茶碗を投げられたり、お茶をかけられる恐れがある

③面談の際は、相手より多い人数で対応

④対応を一人の担当者任せにしない

⑤録音・録画・会話の記録メモを取る

⑥NOをはっきり言う

⑦必要以上に恐れない

⑧警察、弁護士などの関係機関との連携をとる

 

皆さん気をつけましょう!

 

防対協議会①防対協議会②

防対協議会③

 

 

 

 

 

 

by 上原