あおり運転厳罰化6/30スタート

あおり運転の厳罰化を盛り込んだ道交法改正案が本日(6月30日)から施行されました。

・あおり運転を「妨害行為」と規定

添付の10類型を対象とした(本日朝の日経掲載図)

・免許は即取り消し、再取得できない期間は最大3年

・立件には「通行を妨害する意思」の立証が不可欠で

警察はドライブレコーダーや防犯カメラの映像など

客観的な裏付け捜査を強化

・ヘリコプターと地上パトカーが連携して追跡する

手法も導入

・罰則:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

違反点数25点、欠格期間2年

高速上で相手車を停車させるなどの「著しい行為」は

5年以下の懲役または100万円以下の罰金

違反点数35点、欠格期間3年

・あおり運転を唆した同乗者も同じ罰則と処分(加算はなし)

・なお、死傷事故時に適用される可能性がある改正自動車運転処罰法は危険運転の対象範囲を拡大して7月2日施行

 

2020年6月30日 日本経済新聞 朝刊より