新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

2021年 本日が仕事始めとなりました。

まだまだコロナ禍が収まらない状況下ではありますが、今年の干支にちなみ牛歩で一歩一歩進んでいきたいと思います。

丑年の経済状況は混迷をすると言われております。

丑年を振り返ってみると、

1973年(昭和48年) オイルショック(原油原価の高騰による経済の混乱)

1985年 プラザ合意(会議会場になったホテルの名にちなんでつけられた、先進5ケ国蔵相・中央銀行総裁会議により発表された為替レート安定化に関する合意の総称)

1997年 拓殖銀行・山一証券の破綻(日本を代表する銀行・証券会社の破綻)

2009年 世界金融危機(2007年のサブプライムローン問題に端を発し、2008年リーマン・ブラザーズの倒産にみられるような世界的な金融市場の混乱)

2021年 新型コロナウィルス感染症(2019年中国武漢から世界に広まった感染症による経済の不安定化)

確かに混迷経済と言えると思います。

丑年の中でも今年は辛丑年(かのと・うし どし)

意味を調べてみると(自分に都合良く解釈)

辛(かのと)は「新」く生まれる

丑(うし)は変化が生まれる状態

このような意味から、新たな生命がきざし始める状態なので、全く新し事にチャレンジするのに適した年と言えるようです。

余談ですが、当社には歳男、歳女が3名(社長、専務、総務部長)おります。

当社のスローガン「明るく、楽しく、元気よく!」をモットーに

皆様のために、今年1年頑張っていきますので宜しくお願い致します。

2021年1月5日

株式会社インターサポート

代表取締役社長 上原 達