日本損害保険協会が「地震10秒診断」を公開しました。

下記「10秒診断ページ」よりお試ししてください。

 

【以下 日本損害保険協会ホームページより引用しております。】

一般社団法人 日本損害保険協会(会長:広瀬 伸一、以下「損保協会」)と国立研究開発法人 防災科学技術研究所(理事長:林 春男、以下「防災科研」)では、災害関連データを活用したデジタルコンテンツ「地震10秒診断」を8月28日から公開します。

本デジタルコンテンツにおいて、防災科研は、地震の予測データとライフラインの支障日数シミュレーションデータ等を損保協会に提供します。また損保協会は、利用者の位置情報を基に防災科研から提供されるデータから、その場所の今後30年以内に、震度5弱~震度7までの5段階の揺れに見舞われる確率及びライフラインの復旧にかかる期間などの数値を抽出し、「地震10秒診断」の結果として「地震保険特設サイト」に掲載します。

例として、「東京都中央区銀座3丁目」で「地震10秒診断」を実施した場合、今後30年以内に、震度6強以上の揺れに見舞われる確率が32%、ライフラインが復旧するまでに、停電日数が5日間、ガス停止日数が27日間、断水日数は41日間に及ぶことなどが表示されます。

利用者の位置情報に連動した結果を提供することで、地震が起きた後の生活再建について、よりリアルにイメージし、地震への備えを自分ごととして考えてもらうきっかけを提供します。

●デジタルコンテンツ「地震10秒診断」
「地震10秒診断」は、アクセスする利用者の現在位置において、今後30年以内に震度5弱~震度7までの5段階の揺れに見舞われる確率を表示。その規模の地震が起きた場合に想定される、①停電日数、②ガス停止日数、③断水日数、④家屋の全壊確率(木造及び鉄骨コンクリート造)、⑤出火確率の5種類のシミュレーション結果を提供します。
利用者が「現在地で診断」ボタンをワンタップするだけで、簡単に結果を見ることができ、ライフラインの復旧予測は「早い」・「平均」・「遅い」の3段階、家屋の全壊確率は「木造」か「鉄筋コンクリート造」を切り替えて結果を表示できます。
※本コンテンツの利用は、日本国内に限られます。

 本診断結果は防災科研の研究成果に基づき算出しています。必ずしも診断結果どおりの被害が発生するものではありません。